赤ちゃん〜教えて名前の名づけ本舗〜

転倒や転落について

赤ちゃんの転倒や転落は事故に発展します。事故は、赤ちゃんの頃に多く、ベビーベッドやベビーカーから転落するケースが多く見られます。
赤ちゃんの行動範囲が広がると、いすの上、階段、ベランダの柵など、危険度が高くなり、命に関わる事故に発展します。
赤ちゃんは、頭が大きくて重いため、転びやすく、バランス感覚も十分に発達していません。
事故が起きないよう注意したり、転んだりしたときに家具の角やガラスにぶつけないように、部屋の中の安全対策をしっかりとしてください。
階段、ベビーカー、ベランダ、自転車の補助いす、出窓、ソファ、ベビーベッド、すべり台、ブランコなど、赤ちゃんから見た所は私達の身近にあり、赤ちゃんの転落事故があとを絶ちません。
箇所にはゲートをつけましょう。
補助いすやベビーカーは、赤ちゃんが身を乗り出して頭から転倒する事故が起きます。
シートベルトをし、赤ちゃんから目を離さないように大人がなければなりません。
自宅は、ベランダに出ないように工夫をし、赤ちゃんがつかまり立ちをする頃になったら、ひとりで起きたときに転落しないように、ふとんに切り替えたほうがよいでしょう。
お風呂場の床や、キッチンの水はねなど、赤ちゃんにとって滑る場所はあります。
浴室用タイル、すべり止め用シートなどを利用して、赤ちゃんが転ばないように普段から工夫することが大切です。
裾をひきずるようなズボンを着せるのも、危険が大きいのでやめましょう。

赤ちゃんがおはしや歯ブラシなどを口に入れている時、転倒すると危険です。
赤ちゃんから目を離さないようにして下さい。

■段差のあるところ
赤ちゃんはわずかの段差でも転んでしまいます。
カーペットの段差にも足を引っ掛けることがので、テープを張ったりして事故が起こらないようにしてください。

赤ちゃんが転倒や転落した時、病院に連れて行ってください。

赤ちゃんがぐったりしている。
赤ちゃんの意識がない。
眠りそうになったり、けいれんを起こしたりする。
赤ちゃんのおしっこから血尿が出た。
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

頭やお腹を打った時の対処法

赤ちゃんが頭やお腹を打った時は、まずは落ち着いて赤ちゃんの状態を見るようにしてください。
赤ちゃんが大声で泣いているか。きちんと意識はあるか。 嘔吐やけいれんはしていないか。 打ったところはいつもどおりに動かせ、痛がらないか。怪我はしていないか。出血はしていないか。
状態を見ることが大切です。


■赤ちゃんが頭を打った場合

赤ちゃんが大声で泣けば安心だと思ってください。
頭のすみずみをチェックし、怪我をしていないか見てください。
打った直後に大声で泣いたり、こぶが出来る程度であれば大丈夫でしょう。
しかし何日かたってから頭を打った時の症状が出てくることもあります。
頭を打った日は安静にし、入浴を控えてください。
2〜3日、赤ちゃんの様子を見たほうが安全です。心配な時は、お医者様に見てもらうようにしてください。


■赤ちゃんが胸やおなかを打った場合

まずは赤ちゃんに触れ、痛がるところがあるか調べて下さい。
それから服をゆるめ安静にします。大泣きしても時間が経過し落ち着いて、痛がる箇所がなければ大丈夫でしょう。

当日は安静に過ごし入浴を控えてください。
しばらくして、尿に血が混じっていたり、黒っぽい便が出たら、内臓に異常がある可能性があるので、すぐに受診するようにしてください。2〜3日はしっかりと赤ちゃんの様子を観察し異変に気がついたらすぐに病院へ行くようにしてください。

■赤ちゃんが腕や足をぶつけた場合

まずは、腕や足がいつもどおりに動かせるかを観察します。
打ったところが赤くなっている程度なら、タオルなどで冷やします。
打った箇所を触った時に泣き叫ぶ場合は、骨折している危険があるのですぐ病院に行くようにしてください。

腫れがひどい、熱を持っているなどは、骨にひびが入っていることが考えられるので、この場合は冷やしながら病院へ行ってください。動かすことができても、自己判断はせずに、きちんと診察を受けてください。

■赤ちゃんが顔をぶつけた場合

鼻や口から出血していないか確認してください。少し腫れているようであれば、冷やしてください。
軽いすり傷は、止血して消毒してください。その後2〜3日様子を見ましょう。
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

やけど

赤ちゃんは、6カ月を過ぎると自分で動けるようになります。

行動範囲が広がるとやけどの事故は急増します。
やけどの事故の9割は家庭内で起きているので、私たちが赤ちゃんをきちんと見ていなければならないことがわかると思います。

赤ちゃんは熱いということがわからないので、いろいろな物を無防備にさわります。
熱いものや、電気器具の置き場所には十分注意し、やけどをさせない環境を作ることが大切です。

■湯や蒸気に手をかざすだけで、やけどをします。

炊飯器や、電気ポット、やかんから出る蒸気をのぞき込んだりして、赤ちゃんは顔や手にやけどを負うことがあります。
熱い物を、床に近い場所に置くことはやめましょう。

■熱いものに直接触れてやけどをします。

暖房器具、アイロン、ドライヤー、ホットプレートには十分注意してください。
みそ汁やカップめんをひっくり返して体に浴びることもあります。
冬の時期はストーブやファンヒーターにガードをつけて、赤ちゃんが近寄れないようにしてください。

キッチンに赤ちゃんを入れないようにしてください。
赤ちゃんのやけどは、軽いやけど でもどんどん進行します。十分に冷やすようにしてください。

軽いやけどであれば、流水で20分以上冷やします。5分程度で冷やすことをやめないようにしてください。

直接水をかけられない顔などのやけどは、ぬれタオルを小まめに変え、冷やし続けるようにしてください。


鼻、口、頭、目、手や足の指全体、陰部、関節、肛門部などのやけどや、500円玉以上の大きさのやけどの時はすぐに病院に連れて行くようにしてください。
タグ:やけど
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

頭の怪我

赤ちゃんが頭に怪我をしたとき、私たちはどうすればいいのでしょうか。

赤ちゃんが頭に怪我をし、出血量が多くてもあわてずに処置をします。
頭やおでこの怪我は、出血量が多く、傷がそれほど深くなくても、出血はします。
清潔なタオルなどで血が止まるまで、しっかり傷口をおさえてください。

かすり傷よりも大きい怪我の場合は外科へ行くようにしてください。
汚いもので切った場合はすぐに病院に連れて行きます。
(汚れたガラス、片やさびた金属など)
出血が多く血が止まらない時や 傷口が深く大きい場合、傷口に異物が入り取れない時、治りが悪く膿んできている時はすぐに病院に連れて行き、受診するようにしてください。

唇や口の中の怪我は、汚れを取り除いてから止血をしてください。
唇からの出血は、ガーゼなどで唇をつまみ止血します。
舌からの出血は、舌をガーゼで左右から圧迫してください。
口の中や歯ぐきの怪我は、清浄綿やぬらしたガーゼで、口の中を綺麗にし、うがいができる年齢であれば、うがいをさせます。
その後、出血している部分をガーゼやタオルなどでしっかりおさえ、歯科か口腔外科へ連れて行ってください。

赤ちゃんや子どもの事故は、顔面をぶつけた時に歯や口のけがをすることが多く、衝撃で歯がグラグラになったりします。
すぐに歯科医院へ連れて行き、受診してもらうようにしてください。

赤ちゃんが頭に怪我をし、出血したら、大人の誰もが動揺してしまうと思います。
慌てずに対処し、傷が深いときは、救急車を呼んでください。怪我をさせないように大人がきちんと赤ちゃんを見てあげるのが1番の安全策といえるでしょう。
タグ:頭・怪我
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

熱中症

赤ちゃんの熱中症についてお話したいと思います。

赤ちゃんは体温調節がうまくできないので、暑さによる影響を受けやすく、季節に関係なく注意が必要です。
熱中症の事故を起こさないために、大人の気配りが最も大切だと言えます。


■赤ちゃんを車内に置きざりにしないようにしてください。

気温がそれほど高くない日でも、車の屋根は熱を吸収します。
車内の温度は上がり、赤ちゃんは危険な状態になるのです。車を離れるときは、たとえ短時間でもいっしょに連れて行ってください。

■地面からの照り返しに気をつけてください。

パラソルなどで日陰を作っても、砂浜などは、照り返しは、赤ちゃんの体が熱にさらされて危険です。
大人は暑くない場合でも、アスファルトの照り返しはベビーカーの赤ちゃんを直撃します。

■閉めきった室内は危険です。

赤ちゃんを閉めきった室内に残して、出かけないようにしてください。
赤ちゃんの熱が上がったり、水分を受けつけなかったり、意識がもうろうとしている場合は、病院へ行くようにしてください。
熱中症の疑いがあるが、赤ちゃんの意識があるときは、体を冷やします。
たっぷりと水分補給をしてください。
木陰など風通しのよい場所に連れて行き衣服を脱がせます。
時間が命取りになる場合もあります
タグ:熱中症
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

下痢

赤ちゃんの下痢についてお話したいと思います。 毎日オムツを取り替えているお母さんが、いち早く、便の状態に気がつき、赤ちゃんの健康状態を守ってあげなければなりません。慣れてくると赤ちゃんが下痢をしているってすぐに解るようになります。 赤ちゃんがよく下痢をするのは、胃腸の粘膜が弱く、消化器が短いので、ちょっとした刺激にも反応し下痢をします。 ■自宅で様子を見る下痢の症状 いつもより多少ゆるいうんちがでる。 便の回数が、1〜2回いつもより多い。 ■病院で受診する下痢の症状 1週間以上下痢が続いている。 水のような便が1日に5〜6回出る。 水分はとれているが下痢と嘔吐が続く。 下痢の回数が最近増えた。 食欲がなく、機嫌が悪い。 下痢だけでなく、発熱と嘔吐を伴っている。 便がすっぱい臭いで、少量の血が混じっている。 ■診察時間外でも受診してもらう下痢の症状 赤ちゃんの水分補給ができない。吐いてしまう。 便が普通の便ではなく、白っぽい。 粘血便が大量に出る。 鮮血が混じっているうんちをする。 熱があり、ウンチのにおいが異臭や悪臭でいつもと違う。 ■大至急、受診してもらう下痢の症状 下痢と嘔吐が激しく、大泉門がへこんでいる。 下痢の症状だけでなく、赤ちゃんの下痢はそのほかの病気が考えられます。乳糖不耐性下痢、ロタウイルス腸炎、キャンピロバクター腸炎、アレルギー性腸炎、単一症候性下痢、細菌性胃腸炎、急性胃腸炎などが異変に気がついたら、症状が悪化しないように早めに受診するようにしてください。
posted by 本舗 at 10:07 | うんち・便・便秘・下痢

泣きかた

赤ちゃんは、泣くことで自分の意思表示をします。この時期の赤ちゃんは、泣いておっぱいを飲んで眠るのが毎日の生活です。
赤ちゃんが泣くのかと言うと、生理的なことが原因になっています。
生後1〜2ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、お腹がすいた、暑い、寒い、おむつがぬれた等でお母さんに意思表示をしています。

毎日赤ちゃんと一緒に居ても、泣いている理由がわからないこともあるでしょう。
赤ちゃんを抱いて気持ちを受け止めてあげると泣き止むこともあります。言葉をよく耳にしますが、たくさんいいのです。癖は気にせずに抱いてあげられる時はください。
赤ちゃんの泣きかたにはそれぞれ個性があります。
赤ちゃんと、そうでない赤ちゃんがいますが、生まれつきと考えてください。
関係なく、赤ちゃんを放っておくことは絶対にしないで下さいね

■泣きかたを見分ける目安として

●お腹が空いている時
激しく泣いたり、穏やかになったりを繰り返します。穏やかになった後に、赤ちゃんの口に触れる物を吸うようならお腹が空いています。
●眠いとき
赤ちゃんは布団やママの服などに顔をこすりつけます。ちょっとぐずることもあります。

●痛いとき
痛いときは激しく泣きます。この場合はおっぱいを飲ませても泣き止まないので、どこが痛いのか慎重に見てください。
おなかが痛いときは、赤ちゃんの両足が縮まります。

●不安、不快なとき
思い出したよう泣くことがあります。おむつが汚れていないか、体が虫に刺されていないかなど、赤ちゃんを裸にして見てあげてください。異常がないときは、不安になったり、驚いたりしたのかもしれません。お母さんがしっかり抱っこしてあげてくださいね。
posted by 本舗 at 21:07 | 赤ちゃん

五感の発達

赤ちゃんから見た私たちはどのように写っているのでしょうか。
そして赤ちゃんの五感についてお話したいと思います。

■赤ちゃんの五感(視覚)
赤ちゃんはお腹の中に居る時に、子宮内に届く光に反応し、生まれた時の視力は0.1くらいと言われています。
抱っこしてくれている人の顔は見えているようです。赤ちゃんは、母親と他の人の顔の区別がわかっているんですね。
また、明るい鮮やかな色に関心を持つので、色合いのはっきりしたおもちゃなどは、目で追うこともあります。


■赤ちゃんの五感(聴覚)
新生児期の赤ちゃんでも、高く響く音に興味を示し、さまざまな音をはっきり聞き分けています。
みなさんが赤ちゃんをあやす時は、自然に声のトーンが高くなりますね。
人間はそのことを本能的に知っているからと考えられています。
子宮内で聞こえていた音にも安らぎを感じ、ママの声は、赤ちゃんに落ち着きを与えてくれます。
ママがやさしく語りかけてあげる声は、赤ちゃんがいちばん安らぐでしょう。

■赤ちゃんの五感(嗅覚)
赤ちゃんにとって母乳とはとても大切な食事になります。
そのため、母乳のにおいをかぎ分けることが出来ます。動物までとは言いませんが、赤ちゃんの嗅覚は大人以上に優れていると言えるでしょう。好きな匂いや、嫌な臭いにも敏感で、鼻をつくようなにおいの時は、顔をしかめたりします。

■赤ちゃんの五感(味覚)
赤ちゃんの味覚も、優れています。
赤ちゃんはいつも飲んでいる母乳の味がすぐにわかり、他のお母さんの母乳と区別することが出来ると言われています。

慣れ親しんだ粉ミルクを変えると、あまり飲まなくなってしまったりすることも。

赤ちゃんは甘い味が大好きで、辛い味や、すっぱい味は苦手のようです。

■赤ちゃんの五感(触覚)
赤ちゃんは周囲の温度の変化をしっかり感じています。
ママの乳首周辺は体温が高いため、温度を感じ取りながら、乳首を探し当てています。

やさしくママが抱きしめると赤ちゃんは、五感でそれを感じることが出来ます。やさしく抱きしめてあげてくださいね。
posted by 本舗 at 21:07 | 発育
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。