赤ちゃん〜教えて名前の名づけ本舗〜

嘔吐から考えられる病気

赤ちゃんの嘔吐は、ただの風邪でなく、様々な病気と考えることが出来ます。
赤ちゃんが嘔吐した時と関連する病気についてお話したいと思います。

■吐乳・溢乳 
この症状は、赤ちゃんが授乳直後にミルクを吐くなどです。
かかりやすい年齢は2〜3カ月頃までで、ミルクを飲みすぎて吐いたり、空気もいっしょに飲んでしまい、嘔吐する場合があります。
げっぷと共にミルクを吐く状態は病気ではないので、心配ないでしょう。

予防は、授乳後立て抱きにし、背中をトントンしてあげます。赤ちゃんはミルクを飲んだ後、げっぷをするので、げっぷをした後に寝かせましょう。


■先天性噴門弛緩症

先天性噴門弛緩症の症状は、赤ちゃんは元気なのに飲んだものを嘔吐します。

かかりやすい年齢は、生後すぐからで、原因は食べ物や飲み物の逆流です。
予防としては、1回の授乳量を減らしてみてください。そして回数を増やし、吐かない様に調整します。
それでも体重があまり増えないようであれば、お医者様に見てもらうようにしてください。


■肥厚性幽門狭窄症

肥厚性幽門狭窄症の症状は、授乳のたびに激しく吐きます。
かかりやすい年齢は、2〜3週間以降の赤ちゃんで、胃の内容物が逆流し、十二指腸に出られない状態になる為に起こります。
噴水のように激しく吐き、授乳のたびに吐くので、体重が増えず、栄養不良になることもあります。


他に嘔吐から考えられる病気は、ウイルス性胃腸炎、腸重積症、脳炎、食中毒なども考えられます。
タグ:嘔吐・病気
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

吐いたときのホームケア

赤ちゃんが吐いたとき、自宅で出来るホームケアを覚えておけば、慌てずに済みます。

そこで赤ちゃんが吐いたときのホームケアについてお話したいと思います。

具合が悪いときの離乳食は、消化の良いものや、喉ごしの良いものを食べさせてください。
医師から指示があった場合は、その指示に従うようにしましょう。

例えば、熱があるときの離乳食は小松菜と大根のおかゆ。下痢のときは、林檎パンのおかゆ、口内炎のときは、豆腐とオニオンのスープなどがいいでしょう。

吐き気が治まらないうちは無理に食事を与えずに、水分補給を心がけてください。

■赤ちゃんが繰り返して吐きそうなときのホームケア

あお向けに赤ちゃんを寝かせていると、吐いたものが気管につまり危険です。
吐き気が治まらない時は、顔を横に向けて寝かせ、丸めたハンドタオルや、クッションを使って体を横に向ける工夫をして下さい。
首がすわっていれば、お座りの姿勢にしてあげると、赤ちゃんも楽になります。

■吐いたあとのホームケア

吐いたものが口の中に残っていると、吐き気を誘発することがあるので、ガーゼなどで吐いた後の口を綺麗にふき取ってあげましょう。汚れた衣服は着替えさてください。飲み物を必ず飲ませてあげてください。大量に飲ませると水分補給ではなく、吐き気をもよおすことがあるので、回数を与えます。
ミルクや母乳は胃に負担をかけるので、吐き気が強いときは中断してください。

麦茶や白湯、イオン飲料などを水分補給に飲ませましょう。
ミルクや母乳はいつもどおりに与えて大丈夫です。

離乳食も、食欲があれば、いつもどおり与えても構いませんが、酸味の強いものは食べさせないようにしてください。
吐き気を誘発することがあります。

吐き気が強いときは、水分補給だけに離乳食はやめてください。
嘔吐が激しいときは、脱水症状が起こる危険があるので、十分に水分補給をしてください。
入浴しても問題はありませんが、入浴は体に負担がかかるので、やめましょう。
下痢、嘔吐が激しい時は、入浴を見合わせて下さい。
タグ:嘔吐
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

下痢と様々な病気

赤ちゃんが下痢をしていたら、風邪だけではなく、様々な病気の疑いもあります。

■乳糖不耐性下痢
乳糖不耐性下痢の症状は、下痢が長く続き、赤ちゃんの体重が増えないなどの症状があります。

かかりやすい年齢は、生後すぐからで、原因は何らかの理由でラクターゼという酵素が不足していることが考えられます。
母乳やミルクなどの乳製品に含まれる乳糖を、分解したり消化したりする働きをもっているのがラクターゼ。
消化がうまく出来なくなると赤ちゃんは下痢を起こすのです。
この病気は、お腹が張ってゴロゴロし、時に嘔吐を伴うこともあります。
多くは下痢の症状が長引いて、腸の一部に炎症が起きた後天的なものですが、下痢をしたら気をつけなければなりません。

予防や悪化させないためのケアとしては、まず医師の受診を必ず受けてください。
治療用の乳糖が含まれていないミルクや、乳糖分解酵素の薬を投与して状態を見ていきます。

後天的なものなら短期間で治ります。治療用のミルクは、成長に影響はなく、きちんと栄養素が含まれているので安心してください。

ミルクは市販もされているようですが、必ず医師の指示に従って飲ませ、勝手な判断をしないようにしてください。

■ロタウイルス腸炎
この病気の症状は、激しい嘔吐のあとに、水様便が大量にでます。
便の色は白っぽいのが特徴です。

かかりやすい年齢は6カ月以降で、季節は冬にかかりやすくなります。

原因は、ロタウイルスに感染して起こる病気で、冬に活発化しやすいウィルスです。

激しい嘔吐と下痢、そして発熱も伴います。
すっぱいにおいの水のような白い便が大量に出ます。異変に気がついたらすぐに受診するようにしてください。

ウィルスから感染するので、おむつ替えのあとはしっかり石けんで手を洗いましょう。
赤ちゃんが脱水症状を起こさないように、水分補給はきちんと行ってください。

■キャンピロバクター腸炎 
この病気の症状は、発熱と粘液の混じった下痢が特徴です。

■アレルギー性腸炎 
この病気は赤ちゃんの離乳食が始まってから嘔吐や下痢の症状がでます。

■単一症候性下痢 
この病気の症状は、黄色っぽい水の様な便が1日に何回も出ます。

■細菌性胃腸炎 
この病気は夏にかかりやすく、下痢、嘔吐、発熱の症状がでます。

■急性胃腸炎 
この病気は、下痢と嘔吐があり、1度排便を済ませても、すぐに排便したくなります。

このように赤ちゃんの下痢の症状は、様々な病気が考えられるので、便の状態がおかしいと感じたら、すぐに受診し、赤ちゃんの健康を守って欲しいと思います。
タグ:下痢・病気
posted by 本舗 at 08:00 | うんち・便・便秘・下痢

下痢をした時のホームケア

赤ちゃんが下痢をした時のホームケアについてお話したいと思います。

具合が悪いときの離乳食は、いつもよりも柔らかめに作ってあげるようにしましょう。

下痢が続くと赤ちゃんのおしりが荒れやすくなり、赤くただれることがあるので、おむつ替えは小まめに行ってください。

■うんちが出るたびにお母さんがすること

下痢のうんちは肌への刺激が強いので、かぶれの原因になります。
便に気づいたらすぐにおむつを交換し、洗い流したり、綺麗にふき取ったりして汚れを取ってください。
その後はよく乾燥させてください。

処方された薬がある場合は、薄くのばすようにつけます。
ベビーパウダーをつける時の注意点は、水分がつくとベビーパウダーは汗腺をふさいでしまいます。
下痢のときはつけないほうがいいでしょう。清潔と乾燥がホームケアで出来る大切なことです。

おむつ替えのあとは、細菌やウイルスが含まれていることが多いので、必ず手を洗い、二次感染を防ぎましょう。

■おっぱいや離乳食

赤ちゃんの体内の水分は、下痢をしていると、急激に失われます。
脱水症状の心配があるので、水分補給はしっかり行ってください。
果汁ですが、糖分は下痢を悪化させることがあります。
果汁を与えるのならりんごにしましょう。
胃に負担をかけるミルクや離乳食は、量を加減し、赤ちゃんの様子を見ながら与えてください。

症状がひどいときには離乳食を中断してください。

■下痢のときにダメな飲み物や食べ物について

胃腸に負担がかかる物(ミルクや母乳)
飲み物で水分補給をする場合に与える物(イオン飲料や白湯など)
下痢を悪化させるもの(果汁や糖分、かんきつ類)
下痢の時に赤ちゃんに与える物(りんご)
胃腸への負担を少なくするには(ミルクを薄めて飲ませる)
脂肪分を多く含むもの(肉や魚など)消化しにくいものは避けましょう。

ホームケアを覚えておくと、急な下痢にも慌てずに対処できますが、必ず医師の指示に従ってください。

■食中毒の予防

食中毒のほとんどは、細菌性のものなので、離乳食の時期が夏であれば、食材にはしっかり火を通すようにしてください。
食材の保存にも気をつけ、調理器具も清潔に保つことが大切です。
そのほかに、キャンピロバクター腸炎などはペットのふんから感染する食中毒の一種です。

ペットに触ったら石けんで手を洗う習慣をつけ、清潔感のある環境作りが大切です。
タグ:下痢
posted by 本舗 at 08:00 | うんち・便・便秘・下痢

発疹した時のホームケア

赤ちゃんの発疹を自宅でケアすることが出来たら、赤ちゃんもお母さんも、楽になりますね。
赤ちゃんが発疹した時のホームケアについて少しお話したいと思います。

赤ちゃんの口の中に口内炎が出来ている時は離乳食の内容に注意しなければなりません。
湿疹はかきむしらないようにお母さんが工夫してあげることが大切です。

■赤ちゃんが、かきむしる時のホームケア

赤ちゃんは、かゆみがあると、湿疹をひっかいてしまいます。かくことによって症状が悪化するので、つめは短くしておきましょう。

赤ちゃんのつめは小さく薄いので、はさみ型のつめ切りを使うようにして下さい。
爪を切るときは、しっかり押さえ手や指が動かないように注意してください。赤ちゃんが寝ているときに切るのが安全かもしれませんね。

■口内炎のときの離乳食は

口の中の湿疹は、離乳食があたって痛がったり、口を開くのがつらかったりします。
離乳食は、ふだんより柔らかめにし、口あたりや喉越しがいいようにお母さんが工夫して与えるようにしてください。
かんきつ類やお醤油などは、口内炎がしみることもあるので注意してください。

■あせもが出来た時のホームケア
赤ちゃんのあせもは、室温が高すぎたりすると汗が原因であせもが出ます。
汗で症状が悪化しかゆみが増すことがあるので、室温を上げすぎないように気をつけて下さい。
ときどき赤ちゃんの肌に触れ、汗をかいていないかチェックします。背中は汗をかきやすいのですぐにわかるでしょう。

汗をかいていたら着替えをさせ、いつもさらさらの状態にしておくことが大切です。

■脂漏性湿疹の時のホームケア

赤ちゃんの分泌された皮脂がたまると脂漏性湿疹の原因になります。

体だけでなく頭も石けんで洗い流し清潔にしてあげましょう。
石けんが体に残らないようにきちんと流すようにしてくださいね。

■ほっぺがカサカサのときのホームケア

乾燥した空気や冬の寒気は、敏感な赤ちゃんの肌を刺激します。
出かける時などは、ほおや手足などの外気に触れる箇所に保湿クリームを塗り、赤ちゃんの肌を守ってください。

■はしかや水ぼうそうの時のホームケア

はしかや水ぼうそうにかかった時は、他の赤ちゃんに移るので接しないようにしなければなりません。
また、赤ちゃんの免疫力も落ちているので、他の病気に感染することもあります。外出はしないようにしてください。
タグ:発疹
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

ひきつけ

赤ちゃんのひきつけについてお話したいと思います。
赤ちゃんは、熱が出るとひきつけを起こしやすくなります。
熱があってひきつけを起こした場合は、2〜3分で治まります。

自宅で様子をみる、ひきつけの症状は、ひどく泣いて手足が震える状態であれば、すこし様子を見てください。
受診するひきつけの症状は、ひきつけは2回目で、以前「熱性けいれん」と診断されたことがある。
5分以内でひきつけが治まり、元気があるなどです。
診察外でも受診して欲しい、ひきつけの症状は、ひきつけが初めてで、1日に2回以上ひきつけを起こしている状態のときです。

大至急診察をしなければならない、ひきつけの症状は、平熱なのにひきつけを起こしたり、5分以上ひきつけが続くなどの時です。
左右に差があるけいれんを起こしたり、治まった後でも赤ちゃんの手足がまひしていたり、意識がもうろうとしていたら一刻もはやく、受診するようにしてください。


■熱性けいれん
このけいれんの症状は、高熱のときに起こります。

かかりやすい年齢は6カ月ごろ〜4才ぐらいで、38度以上の熱が出たときに、けいれんが起こります。
2〜3分間、両手が突っ張った状態になり意識がなくなります。
これは発熱したことで、脳の神経細胞が一度に活動するのが原因です。後遺症はありません。
繰り返す体質の子どもは、発熱のたびにけいれんを起こします。

初めてのけいれんの時は、診療時間外でも必ず受診するようにしてください。

■憤怒けいれん 
憤怒けいれんは、激しく泣いた時に呼吸が止まって突然けいれんを起こします。
かかりやすい年齢は3カ月〜3才に多く見られ、顔や唇が青くなったりします。
ほとんどが1〜2分で治まりますが、手足が震えたりすることもあります。
このけいれんは、成長とともに起こらなくなります。薬による治療は必要ありません。
後遺症の心配もないでしょう。

■てんかん 
てんかんは、けいれんを起こしたり突然意識を失ったりします。
かかりやすい年齢は6カ月以降で、脳の一部に異常が発生して起きます。
何度も繰り返すため、後遺症が心配です。
てんかんはテレビの画面の閃光や点滅が原因とも言われています。脳に特別な異常がない時は、薬で症状を抑えます。
わからないことがあったら専門の医師に相談するようにしてくださいね。
タグ:ひきつけ
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

ひきつけを起こした時のホームケア

赤ちゃんがひきつけを起こした時のホームケアについてお話します。

突然のけいれんやひきつけが起きたときでも、慌てずに赤ちゃんの様子を観察することが大切です。
顔を横に向け、吐いたものが気道をふさがないようにします。刺激を与えないようにやさしくそっと体勢を変えましょう。

■赤ちゃんが吐きそうな時にするホームケア

赤ちゃんに吐き気がある時は、顔を横に向けて吐いたものが喉につまらないように寝かせます。
首の後ろにタオルを入れて、顔を横に向けたり、服のえりもとを緩めたりして、亜母さんはすばやく気道を確保します。

この時、体を揺さぶったりして刺激を与えないで下さい。

赤ちゃんが吐いたときは汚れたものを綺麗にし、次の吐き気を誘発させないようにふき取ることが大切です。

けいれんが治まって、吐き気がある程度落ち着いたら、受診するようにして下さい。


■けいれんが始まった時のホームケア

熱のひきつけは、5分以内に治まるものなので、慌てずに対処してください。
ほとんどが熱性けいれんなので心配はないでしょう。
熱性けいれんであれば、けいれんの時間を計ります。受診のときに参考になります。
また、けいれんが左右対称であるかも観察してください。

治まったときにまひや、意識障害がないかも冷静に見てください。
大声で名前を呼ぶなど、刺激を与えず体を揺さぶったりしないように注意してください。

けいれんが治まり、赤ちゃんが落ち着いたら病院に。
夜間なら救急車を呼んでください。症状が深刻なときは後遺症の危険性も高くなるので、急いでください。

もし赤ちゃんが意識を失っていてもそのまま連れて行きます。
お母さんは、病院についたら発熱や嘔吐、けいれんの様子などを伝えます。

急なひきつけは、お母さんもびっくりしますが、大声をかけたり、体を揺すったりしてはだめです。
落ち着いて行動するようにしてください。
体を揺すったり刺激を与えることは、けいれんを長引かせることもあります。

けいれんしている最中に病院に連れて行くのも、やめましょう。
安静にさせて治まるのを待ち、お母さんも冷静にならなければなりません。
舌をかまないように、ハンカチや割りばしを口にはさんだりすることもしないようにしてくださいね。
タグ:ひきつけ
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

誤飲や窒息

赤ちゃんの誤飲や窒息についてお話したいと思います。

赤ちゃんは5カ月ごろになると、つかんだものを何でも口に持っていきます。
その頃は、誤飲事故の危険性あるので、私たちの身の回りにあるものをきちんと整理しなければなりません。

赤ちゃんの行動範囲に合わせ、危険なもの、小さいものは片付けましょう。
赤ちゃんは、かんだり飲み込んだりがうまくできません。
のどにものを詰まらせなおように、食べものを与えるときは、大きさや固さに十分気をつけるようにしましょう。

■赤ちゃんが、化粧品類、医薬品液状やクリーム状の洗剤などを飲み込んでしまったら

洗剤、漂白剤、シャンプー、お酒、調味料などの液体類は誤飲の危険性が大です。
赤ちゃんの手が届かない場所に保管するか、シンク下の収納扉はロックするようにしてください。
また、きれいな色やいい香りの化粧品類も危険なので、注意してください。

医薬品の錠剤やカプセル、シロップ類などの誤飲も多いので、きちんと片付けて保管しておきましょう。


■ふとんやひも類の誤飲や窒息

1才未満の赤ちゃんは、フカフカのふとんに顔が沈み、顔をおおって窒息したり、ひもが首に巻きついて窒息する事故が起こります。
ベッドまわりの安全は常にチェックし、衣類についている、ひも類ははずしたほうがいいでしょう

たばこは、赤ちゃんの誤飲でダントツ1位になっています。
赤ちゃんは大人が口にしているものは食べられるものと思い、口に入れてしまうのです。
赤ちゃんの前でたばこを吸わないこと、そして灰皿やライターを置く場所も、赤ちゃんの居る部屋の中には置かないようにしてください。
赤ちゃんの健康にも、タバコの煙はよくありません。
また、たばこの成分が溶け出した浸出液は、より危険です。空き缶を灰皿代わりに使ったりしないように、普段から心がけてください。

■小さな物の誤飲

ブロック、クレヨン、シール、おもちゃの部品などは誤飲の危険があります。普段から綺麗に掃除して赤ちゃんの身の回りは、綺麗にしておきましょう。
タグ:誤飲・窒息
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

誤飲した時の対処

赤ちゃんが間違って誤飲してしまった時、周りに居る大人はどのようにすればいいのでしょうか。
赤ちゃんの顔色が悪く、息苦しそうな時は気管に異物が詰まっている可能性もあります。

■吐かせてはいけないものを飲み込んでしまった時の対処法

先のとがった画びょうやピアスなどは無理に吐かせてはいけません。酸性のものや、灯油、シンナーなどの石油製品、入れ歯洗浄剤などは吐かせたことで、肺や食道を傷つける危険性があります。

赤ちゃんの誤飲はいつ何を、飲んだかで、処置の方法が異なります。
顔色や、機嫌が悪くないかも見てください。
誤飲した物が口の中に残って口の中に残っているものを取り除いてください。
指を差し入れて、口の手前に残っている異物を取り除きます。
口の奥に誤飲した物が残っている場合は、無理にかき出さないでください。
OKな物なのかを確認し、早く吐き出させます。
口を大きく開かせたら、舌の付け根を指で強く押します。
その後様子がおかしいときには病院に行くようにしてください。


誤飲した物がのどに詰まっていたら、赤ちゃんの背中を強くたたいてください。

大人が立てひざになり、頭が胸よりも低い位置になるように太ももの上に赤ちゃんをうつぶせにします。

肩甲骨と肩甲骨の間を平手で強くたたいてください。
たたくことで異物を吐き出させることができるでしょう。
タグ:誤飲・対処
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

目や耳や鼻の事故

赤ちゃんの目や耳や鼻の事故についてお話したいと思います。
赤ちゃんは10カ月ごろから小さなものを器用につまめるようになります。
その頃に目や耳、鼻に異物を詰める事故が急増するので、大人は赤ちゃんから目を話さないようにしなければなりません。
おもちゃのピストルの弾落ちていればそれだけで危険なのです。
ビーズやボタン、紙切れ、豆類、などの小さなものには注意してください。

■こんな時すぐに病院へ

赤ちゃんの目や耳や鼻に入った異物が取り出せない。

この場合、慌てて取り出すと、奥まで押し込んでしまったり、粘膜を傷つけたりしてしまいます。
すぐに病院へ連れて行ってください。

苦しそうにヒューヒュー、ゼーゼーと息をしていたら、 異物が鼻の奥まで入り込んでいるかもしれません。
呼吸困難の危険があります。

痛がっていたり、取ったあとでも泣いていたりしたら受診するようにしてください。

■赤ちゃんの目に異物が入った場合

まず赤ちゃんの目に何が入ったのか確認します。

ゴミが入った場合は、水を含ませた綿棒やガーゼなどで優しくふきとります。
頭を少し高くした状態で寝かせ、コップに入れた水で洗い流してもいいでしょう。この場合は少しずつ洗い流してくださいね
取ったあと真っ赤に充血していたり、いたがっているようであれば、眼科で受診するようにしてください。

赤ちゃんの目に洗剤や薬品が入ったときは、すぐに大量の水で洗い流します。
後遺症が残る危険があるので、急いで眼科へ行くようにしてください。


■赤ちゃんの耳に異物が入った場合

虫が入ったときは、オリーブ油やベビーオイルやなどを数滴耳にたらします。
綿棒などで無理に取り出すと鼓膜を傷つけることがあるので、虫を殺したら耳鼻科へ行くようにしてください。

■赤ちゃんの鼻に異物が入った場合

鼻の入り口に異物がある場合は、もう片方の鼻を指でおさえて下さい。
息を「フンッ」と吐かせたり、こよりで鼻孔を刺激して、くしゃみを出させてください。
ピンセット類は赤ちゃんの粘膜を傷つける恐れがあります。

心配な時は耳鼻科へ行くようにしてください。
posted by 本舗 at 08:00 | 病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。