赤ちゃん〜教えて名前の名づけ本舗〜

せき

赤ちゃんは呼吸器官が未発達なので、よくせき込むことがあります。
これは体の反応で、肺や気管に入った異物を排出しようとするためのせきです。
どんなせきの症状かによって病院に行く、行かないを決めなければなりません。

■そのまま自宅で様子を見るせきの症状
軽いせきが続く程度。

■診察時間内に受診して欲しいせきの症状
時間と共にせきがひどくなる。
コンコンと乾いた音の咳から、ゴホゴホと湿った音の咳に変わった。
呼吸が速く、発熱がある。
体重の増えが少なく、生まれたときから呼吸が速め。

■診察時間外でも、受診をさせなければならないせきの症状
赤ちゃんがぐったりとし、小鼻を動かすようにあえぐ。
せきが治まっているのに、肩で息をしている。
呼吸したときに胸がへこんでいて苦しそう。
ミルクを吐いてぐったりしている。
ヒューヒュー、ゼーゼー、というせきをする。
夜中に犬の鳴き声のようなせきをしている。
激しくせき込んでいる。

■救急車を呼ぶ咳の症状
顔や唇の色が変わり紫色になってきた。呼吸困難など。

赤ちゃんのせきの仕方でも、様々な症状があります。
軽いせき程度であれば問題はありませんが、異変に気がついたら、早めにお医者様に見てもらってください。

赤ちゃんのかぜの症状としては、発熱、鼻水、鼻づまり、せきなどの症状が見られます。

風邪にかかりやすい赤ちゃんの年齢は6カ月以降で、
その原因の多くはウイルスで、種類は200とも言われています。

予防は、かぜがはやっているときの外出を避けることです。ウイルスに対する抗体が一度感染して出来ても、別のウイルスに感染することがあるので注意しなければなりません。
タグ:
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

ぜんそくや肺炎について

赤ちゃんのぜんそくや肺炎についてお話したいと思います。症状は、たんのからんだ咳が続きます。
年齢は1〜2才で、季節の変わり目にかかりやすくなります。
原因となるものは、せきと呼吸が出ます。

症状を悪化させないためには、ペットの毛やほこりなどを取り除いてお部屋を清潔にしましょう。
かかると気管支が敏感になるので注意してください。タバコも厳禁です。症状は、湿ったせきです。
年齢は1歳未満の赤ちゃんで、冬にかかりやすいと言えるでしょう。

原因はRSウイルスが気管支の末端に炎症を起こし、症状が急変して呼吸困難になります。
命に関わることもあるので、かぜと診断されても、呼吸が苦しそうになったら、すぐに受診するようにしてください。

赤ちゃんの肺炎の症状は、発熱と湿ったせきが特徴です。
年齢は3才までで、冬の季節に起こりやすいので注意してください。
子供の命を守るのは、責任です。

ぜんそくや肺炎はタバコの煙が大敵です。
家庭でタバコを吸う人がいるならば、換気を空気清浄機を用意するなどして、赤ちゃんが居心地のいい環境を作ることも大切です。
タグ:喘息・肺炎
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

インフルエンザと急性気管支炎

赤ちゃんのインフルエンザと、様々な気管支炎の症状についてお話したいと思います。
赤ちゃんのインフルエンザの症状は、急に高熱が出たり、せきも激しいのが特徴です。

季節は冬でインフルエンザの原因はウイルスです。
症状が強く出て、一冬に何度もかかるということもあります。

このインフルエンザにかかると、抵抗力が弱い赤ちゃんは症状が重症化することもあります。
脳症などの合併症を起こす危険性もので注意しなければなりません。

予防としては、予防接種が有効と言えるでしょう。
予防接種は、生後6カ月から受けることができます。

赤ちゃんに感染させないために、赤ちゃんだけでなく、パパもママも一緒に接種するのがいいでしょう。


急性気管支炎にかかった時の赤ちゃんの症状は、せきと発熱です。

原因は、気管支にウイルス感染します。
大半はRSウイルスと言われています。
肺の近くまで炎症が広がると、細気管支炎になることがあるので気をつけましょう。
食欲がなく、嘔吐を伴うときは脱水症状にならないように、水分補給をしてください。
タグ:気管支炎
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

咳をしたときに出来るホームケア

赤ちゃんが咳をしたときに出来るホームケアについてお話したいと思います。
赤ちゃんのせきが出る状態は、食欲が落ちたり、睡眠が浅くなったりします。

咳をしている赤ちゃんを抱っこする時に、立てに抱いて、背中をトントンしてあげましょう。
赤ちゃんは呼吸が楽になります。

赤ちゃんの咳が、コンコンと乾いたような咳の場合は、洗濯物を室内に干すのもいいでしょう。
お湯を張った洗面器を置いたりして、室内の空気の状態を変えてください。
湿度計や加湿器があれば、便利ですね。
赤ちゃんのせきが治まらない時は、水分を補給してください。
脱水症状を防ぐためにも水分補給はまめに行いましょう。
咳をしたときのホームケアを知っておくことで、自宅でも慌てずに赤ちゃんのケアが出来ますね。
私たち大人が咳をしたら苦しいように、赤ちゃんも苦しいのです。
赤ちゃんの咳は、体にも大きな負担がかかります。
早めにお医者様に見てもらうことをお勧めします。

風邪をこじらせると、病気に発展することも考えられるので、咳を安易に考えず、赤ちゃんの健康管理をしっかりとして欲しいと思います。
タグ:
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

鼻水や鼻づまり

鼻水や鼻づまりについてお話したいと思います。赤ちゃんは、鼻水がつまりやすいものです。
気管が狭いのが原因です。鼻がつまっていると呼吸だけでなく、ミルクが飲みづらいので、お母さんがこまめに取り除いてあげる必要があります。
症状は、鼻水・鼻づまりがあっても機嫌がよく、よく眠る場合は、様子を見てください。
症状は、赤ちゃんの呼吸がつらそうだったり、鼻水が緑色や黄色の場合です。
他に鼻がつまって眠れなかったり、おっぱいが飲みにくそうな場合も、受診してもらってください。
症状は、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどです。
空気が乾燥している場所は、細菌が粘膜で繁殖しやすい環境になってしまいます。
副鼻腔炎(蓄膿症)の症状は、黄色く粘り気の鼻水と鼻づまりです。

この副鼻腔炎の原因は、空洞が細菌感染し、あとに起こります。
鼻水、鼻づまりだけでなく、頭痛もあります。
抗生物質で治りますが、髄膜炎、中耳炎になることもので注意してください。
かぜをひかせないことが予防になりますが、鼻の中を清潔に保ち、たまった鼻水や鼻くそを、綺麗に掃除してあげてください
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

鼻づまりとホームケア

赤ちゃんの鼻がつまった時に自宅で出来るホームケアを紹介したいと思います。対策として、乾燥を防ぐことと、肌荒れをケアしてあげることが大切です。
そのときは、蒸しタオルを鼻の下に当ててください。
鼻に、鼻くそがつまって指では取れないときは、綿棒などを使います。
無理に取ると怪我をさせることもあり、赤ちゃんもいやがりますね。
綿棒や、こよりで鼻の入口を刺激させることで、くしゃみを出させます赤ちゃんは動くので、綿棒やこよりを鼻の奥に入らないように気をつけ、目などに入らないように注意してください。鼻水が治まらないときは鼻吸い器を使います。
鼻の中にたまった鼻水は、きれいに取れるので赤ちゃんもすっきりしますね。

鼻水は、赤ちゃんの敏感な肌がかぶれる原因になるので、こまめにふき取ってあげましょう。
ガーゼをぬるま湯でぬらし、ふき取ります。
その後乾いた布などで拭いてあげてください。保湿クリームで肌を保護し、乾燥から守ってあげてください。
赤ちゃんの鼻が詰まって苦しい状態の時でも、楽にしてあげられますね。
タグ:鼻炎
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

発熱

赤ちゃんの発熱についてお話したいと思います。
赤ちゃんは大人より新陳代謝が盛んで、平熱が高いので、熱が上がりやすい体の作りになっています。
体の中にウイルスや細菌が入ると、その増殖を防ぐために発熱の症状がでます。

■自宅で様子を見る程度の発熱
多少熱っぽいが赤ちゃんの機嫌がよく食欲もある。ぐっすり眠れる。

■診察時間の間に受診して欲しい症状
熱が上がっているが、水分補給はできている。
赤ちゃんの脇の下や、おでこを冷やすと、眠る。
熱はあるが機嫌がいい。

■診察外でも受診して欲しい発熱の症状
熱が下がらずにぐったりしている。高熱。水分もミルクも飲まない。

■大至急、救急車を呼ぶ状態
赤ちゃんの意識がない。
ひきつけを起こしている。
39度以上の熱。
立て続けにいつも吐く。
生後2カ月までの赤ちゃんで38度以上の熱があり下がらない。
嘔吐、激しい下痢があり、おしっこが出ない。

発熱にもいろいろな症状があることがわかります。
赤ちゃんの様態は急変しやすいので、熱がでた場合は、お医者様に見てもらうようにしてください。様態が急変したときが夜中でも、夜間の病院で見てもらうようにしましょう。

発熱から考えられるものは、おたふくかぜ、髄膜炎、尿路感染症、急性中耳炎、ヘルパンギーナ、突発性発疹などもあります。
肺炎になったりすることもあるので、自己判断は絶対にしないようにして欲しいと思います。
タグ:
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

発熱に関わる病気

赤ちゃんの発熱は様々な病気が考えられます。
熱が出たときは風邪と簡単に考えずに、お医者様に必ず見てもらうようにして下さい。

熱が出たときに疑う病気。
■流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 
症状は、発熱や患部の腫れと痛みが でます。
かかりやすい年齢は6カ月以降で、季節を問わずおたふく風邪にかかります。
おたふく風邪の原因は、耳の下にある耳下腺がウイルスによって腫れ、発熱します。熱だけではなく、痛みも伴いま
まれに髄膜脳炎や髄膜炎を併発することもあるので、注意しなければなりません。
予防としては、任意で1才以降に予防接種を受けることができます。予防接種を受けていることで、症状は軽く済むでしょう。
このおたふく風邪は、年齢が高くなると症状が重くなります。

■髄膜炎
髄膜炎の症状は、発熱や嘔吐、ひどくなると、ひきつけや意識の低下も見られます。
かかりやすい年齢は6カ月以降で、季節を問わず髄膜炎にかかります。
原因として考えられることは、おたふくかぜ、中耳炎などの感染症の細菌やウイルスが原因となります。
髄膜炎は、早期発見がとても大事で、赤ちゃんに後遺症が残る場合もあるので注意してください。

予防と悪化させないケアは、中耳炎やおたふくかぜなどにかかった時、後遺症として現れることがあるので、赤ちゃんの体調の変化を見逃さないようによく観察してください。表情がとろんとし、ひきつけを起こしたりした場合はなるべく早く受診をするようにしてください。
タグ:
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

急性中耳炎や突発性発疹 

赤ちゃんの急性中耳炎や突発性発疹などの病気についてお話したいと思います。

■急性中耳炎

症状は、軽い熱を伴った風邪の後に耳の痛み、耳だれ。
かかりやすい年齢は6カ月〜3才ぐらいまでで、冬に急性中耳炎になりやすいと言われています。
原因として考えられることは、細菌が、のどから耳管を通って炎症を起こし急性中耳炎になります。

お母さんは耳だれが出て病気に気づくことも少なくありません。

予防や悪化させないためのケアとしては、あまり熱がなくても、鼻水がひどいときは耳鼻科へ連れて行くようにしてください。
また熱が下がらない、耳だれ、耳に手をやって泣くときもお医者様に見てもらうようにしてください。

■尿路感染症

症状は、突然高熱になり、嘔吐や下痢の症状が見られます。

かかりやすい年齢は、女の子は新生児の赤ちゃんの時、男の子は1才以降です。
季節はなく、1年を通してかかるので注意してください。
原因として考えられることは、尿路(おしっこの通り道)に細菌が侵入し炎症を起こしているなどです。
赤ちゃんのおしっこの回数が増える、おしっこが出るときに痛がるなどの場合は、尿路感染症の疑いが強いでしょう。

尿路感染症は、せきや鼻水はなく、38度以上の高熱が出てお母さんが初めて気づくことがほとんどです。
予防や悪化させないためのケアは、大腸菌などの感染を防ぐ為、陰部の清潔を普段から心がけてください。
再発することがあるので注意しましょう。


■ヘルパンギーナ

症状は、突然の高熱。のどに水疱ができるなどの症状がでます。

かかりやすい年齢は1〜3才で、季節は夏にかかりやすくなります。

原因は夏かぜの一種ですが、冬にも見られることがあります。
ヘルパンギーナは感染力が強く、突然高熱から始まり、喉の奥に水疱ができます。
喉の奥に水疱が痛みを伴い、赤ちゃんの食欲が落ちることもあります。
症状は1週間ほどで治ります。

予防や悪化させないためのケアとして、 おむつ替えのときにはしっかり手洗いをしましょう。
手について、兄弟に感染することもあります。

■突発性発疹

症状はお腹を中心に発疹がでます。生後初めての発熱後に見られます。

かかりやすい年齢は4カ月以降で、ウイルスが原因です。
突発性発疹は2回以上かかることもあり、高熱が続いて、熱が下がると同時に赤い小さな発疹が現れます。
発疹の跡は残りません。2〜3日で自然に消えるでしょう。

初めての発熱は、必ず受診し、心配なときはお医者様になんでも質問して聞くようにしましょう。
タグ:中耳炎
posted by 本舗 at 08:00 | 病気

嘔吐

赤ちゃんの嘔吐についてお話したいと思います。

赤ちゃんの胃は縦長になっています。
胃の上部にある噴門部の筋肉がまだ発達していないので、大人に比べて吐きやすく、ミルクなどをすぐに戻してしまうことがあります。
(噴門部の筋肉とは食べ物や飲み物の逆流を防ぐ部分のことを言います)

■赤ちゃんが嘔吐をしても、自宅で少し様子を見てほしい症状は以下の通りです。

吐いていない時は元気がある。
軽い吐き気はあるが、他に変わった様子はなく、機嫌もいい。

■診察時間に受診させて欲しい症状は以下の通りです。

赤ちゃんがひんぱんに吐く。
ミルクを飲ませた後に勢いよく吐く。
吐くことを繰り返すが、食欲もあり、水分もとれる。

■診察時間外でも、受診させる症状は以下の通りです。

ぐったりしていて元気がなく、立て続けに吐く。
赤ちゃんの顔が青ざめている。

■大至急、急患で病院に連れて行く症状は以下の通りです。

赤ちゃんがぐったりしていて、急に泣き治まってまた激しく泣くことを繰り返す。
高熱や下痢を起こし、激しく吐く。水分がとれない。


赤ちゃんの嘔吐にも様々な症状が見られることがわかりますね。
赤ちゃんが吐いたときは、慌てずに対処し、どんな症状であっても早めにお医者様に診断してもらうようにしてください。

風邪だけでなく、嘔吐から考えられる様々な病気もあります。自分で判断するのではなく、赤ちゃんの体調が少しでもおかしいと感じたら、迷わず病院に行くようにしましょう。
タグ:嘔吐
posted by 本舗 at 08:00 | 病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。